「2022年度版アステッキeラーニング」予約受付開始!こちらから予約できます!

【呼吸療法認定士】一発合格者が「血液ガスの理解」のまとめを紹介します

各章のまとめ

呼吸療法認定士を目指しているけど、血液ガスが苦手で勉強が進まないなぁ。

合格した人はどうやって勉強していたのかな?わかりやすくポイントをまとめてほしいです。

この記事はこういった人におすすめです。

この記事を書いている私は、第26回呼吸療法認定士認定試験に一発合格した看護師です。

私が実際に勉強して、思ったことや感想なども入れながら、読んでくれている方にできるだけわかりやすく第4章「血液ガスの理解」のまとめを紹介していきたいと思います。

少しでもこれから受験する方の参考になれば嬉しいです。それではどうぞ。

血液ガスの理解

私は血液ガスについてあまり理解できておらずとても苦手でした。試験勉強をしたことで確実に知識が深まりました。勉強していくうちに必ず理解できますので一緒に頑張りましょう。

血液ガスの正常範囲

PH:7.40±0.05

PaO₂(動脈血酸素分圧):80mmHg

PaCO₂(動脈血二酸化炭素分圧):40±5mmHg

HCO₃⁻(重炭酸イオン):22~26mEq/L

PvO₂(混合静脈血酸素分圧):40mmHg

PvCO₂(混合静脈血二酸化炭素分圧):45mmHg

PH

・7.35以下の酸性になった状態:アシデミア

・7.45以上のアルカリ性になった状態:アルカレミア

PaCO₂

・PaCO₂>45mmHg:呼吸性アシドーシス

・PaCO₂<35mmHg:呼吸性アルカローシス

HCO₃⁻

・HCO₃⁻<22mEq/L:代謝性アシドーシス

・HCO₃⁻>26mEq/L:代謝性アルカローシス

血液ガス測定の技術的な注意点

・PaO₂、PaCO₂、PHは同時測定する

・採血後、時間がたってからの検体測定は避ける。

 ⇒時間が経過すると、PaO₂:低下する・PCO₂:上昇する・PH:低下する。

これはよく問題に出題されるので、覚えておきましょう。

ガス交換障害を判断する指標

A-aDO₂(肺胞気動脈血酸素分圧較差)

漢字ばっかりでどういうこと・・・と思うかもしれませんが、つまり肺胞気酸素分圧(PAO₂)と動脈血酸素分圧(PaO₂)の差ということ。

・A-aDO₂の正常値:5~15mmHg

・ガス交換障害⇒A-aDO₂:20mmHg以上

・A-aDO₂は、低酸素性呼吸不全すなわちⅠ型呼吸不全の指標。

・A-aDO₂の開大は低酸素血症(PaO₂の低下)が原因。

・肺胞低換気のみでは、A-aDO₂は正常範囲に維持される。

・A-aDO₂は年齢・性差の影響を受ける。

A-aDO₂の計算式

下記のチェックポイントを頭に入れましょう!

PaO₂:動脈血酸素分圧

PAO₂:肺胞気酸素分圧

PIO₂:吸入気酸素分圧

FIO₂:吸入中酸素濃度

①まず、PAO₂を求める

PAO₂=PIO₂-PaCO₂/0.8

PAO₂=(760-47)×FiO₂ーPaCO₂/0.8

※室内気(FIO₂:21%)の場合、PIO₂=(760-47)×0.21=150となる。

②下記の式に当てはめる

A-aDO₂=PAO₂-PaO₂

つまり・・・

A-aDO₂=(150ーPaCO₂ /0.8)ーPaO₂

この式に当てはめて例題を解いていきましょう。

(例)血液ガスデータ(室内吸入時)がPH:7.40 PaO₂:70mmHg PaCO₂:40mmHg R=0.8のときA-aDO₂はいくつか。

PAO₂=150-40/0.8=100

A-aDO₂=100-70=30

答え A-aDO₂=30

室内気の場合は、PIO₂=150になりますが、それ以外の場合はPIO₂=150にならないので注意!

室内気ではない場合は、下記のように計算します。

(例)次の条件でA-aDO₂はいくつになるか。

FiO₂:50% PH:7.40 PaO₂:74mmHg  PaCO₂:50mmHg

PAO₂=(760-47)×FiO₂ーPaCO₂/0.8

=(713×0.5)ー(50/0.8)

=356.5-62.5

=294

A-aDO₂=294-74=220

答え A-aDO₂=220

A-aDO₂の計算は第26回試験にも出題されていました。

最初は難しいと感じると思いますが、公式を暗記すれば解けるので頑張りましょう!

酸塩基平衡

塩基過剰(BE)

塩基過剰(BE)とは、患者のBBから正常なBBを引いた値

※緩衝塩基(BB):血液HCO₃⁻に加え、H⁺に結合していない蛋白の総量。

※BB正常値:44~49meq/L

・BEの正常範囲:0±2meq/L

・BE>2meq/L:代謝性アルカローシス

・BE<-2meq/L:代謝性アシドーシス

アニオンギャップ(AG)

アニオンギャップ(AG):代謝性アシドーシスの指標

・AG=(Na⁺+K⁺)ー(CL⁻+HCO₃⁻)

・AG正常値:10~12meq/L

・AG>16meq/L:代謝性アシドーシス

代謝性アシドーシスをきたす疾患代謝性アルカローシスをきたす疾患
腎不全・糖尿病・副腎不全・下痢・肝硬変
急性膵炎・その他の乳酸アシドーシスをきたす疾患
鉱質コルチコイドの過剰(クッシング病)・嘔吐
電解質異常・利尿剤使用
ここで問題

代謝性アルカローシスをきたす疾患はどれか。

①下痢

②嘔吐

③腎不全

④糖尿病

⑤肝硬変

答え ②

酸素化指数(P/F比)

・酸素化指数(P/F比)=PaO₂÷FIO₂

・正常値:P/F比=400mmHg以上

※P/F比=300以下→PaO₂は60mmHg以下

<ARDSの診断基準>

・P/F比=300以下:軽度のARDS

・P/F比=200以下:中等度のARDS

・P/F比:100以下:重篤なARDS

ARDSの診断基準はよく問題に出題されます!

P/F比の計算

P/F比=PaO₂÷FIO₂

(例)PaO₂:70mmHg FIO₂:70%

70÷0.7=100

P/F比=100となるので、重篤なARDSと判断できる。

ここで問題

正常値として正しいものはどれか。

①動脈血PH:7.40±0.5

②PaCO₂:40±5mmHg

③PaO₂:80mmHg以上

④SaO2:95%以上

⑤P/F比:300mmHg以上

答え ②③④

最後に

血液ガスのまとめは以上です。

血液ガスの範囲は難しいですが、基本となるところなのでしっかり理解しましょう。

血ガスの範囲は病気がみえる「呼吸器」の絵や図を見て勉強するととても理解できたので、一緒に見て勉強するとわかりやすいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

これから受験する方の御役に立てれば嬉しいです。

本日も勉強頑張ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました