「2022年度版アステッキeラーニング」予約受付開始!こちらから予約できます!

【呼吸療法認定士】 取得後に感じたメリット5選

受験体験談
呼吸療法認定士を目指す人
呼吸療法認定士を目指す人

呼吸療法認定士を目指しているけど、勉強のモチベーションが続かないなぁ。

合格した後には、どんなメリットがあったのか知りたいなぁ。

実際に合格した人の感想を聞きたいです。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

・【呼吸療法認定士】取得後に感じたメリット5選
・取得しても変わらなかったこと

この記事を書いている私は、第26回呼吸療法認定士認定試験に一発合格し、現在呼吸器病棟に勤務している現役看護師です。

実際に呼吸療法認定士を取得し、現在は資格が活かせる呼吸器病棟に勤務しているので、多少は「説得力のあるレビューができるのでは」と思っています。

【呼吸療法認定士】取得後に感じたメリット5選

結論からまとめると、勉強はかなり大変でしたが、取得してよかったなと感じます。

メリットを5つに分けて説明していきます。

メリットその①:勉強したことで自分に自信がついた

私は呼吸療法認定士を取得する前から、現在の呼吸器病棟に勤務していました。

しかし、「血液ガス」のことや「人工呼吸器」のこと呼吸器疾患や治療・薬剤のことなどについて正直曖昧な知識なまま看護にあたっている部分がありました。

主治医から出される指示の意味を理解していなかったり、人工呼吸器のモードは指示をされたとおりに設定しているがそのモードがどんなモードなのかなどすべて理解した上で看護できていなかったと思います。

呼吸療法認定士の受験勉強をすることで、とても広い範囲の知識をつけることができ、臨床で役に立つことがたくさんあります。

今は、受験勉強をしたからこそ呼吸器に関する知識がかなり増え、自分の知識に自信を持って看護をすることができているなと日々実感しています。

メリットその②:患者さんに根拠を持って説明できる

日々医療従事者として仕事をする中で、患者さんやその家族にも、治療や疾患について質問される場面がたくさんあります。

患者さんに質問されても根拠をもって患者さんにわかりやすく説明できるようになりました。

実際に、患者さんからされた質問を紹介します。

肺がん患者
肺がん患者

知り合いの肺がんの人は、手術して癌をとってもらってたのに、なんで私は放射線治療だけで

手術してもらえないの?

この質問に対して、試験勉強でやった肺がんの分類と治療について頭に入っていたので、わかりやすく患者さんに説明することができ、患者さんに納得していただくことができました。

メリットその③:後輩指導に役に立つ

私は現在看護師7年目であり、後輩指導にあたることが多々あります。

資格取得前は、指導しながらも知識が曖昧なままわかっている感じを出して指導にあたっていることも正直ありました。しかし、試験のために勉強をしたことで自分がきちんと理解し、指導することができるので説得力があると自分自身感じます。

また、人に教えるということでさらに自分の理解も深まっていると日々感じています。

自分が新人の時、指導受けながらも「この先輩あんまりちゃんとわかっていないんだろうな」「適当なこと言ってるな」とか感じる先輩もいました。そんな先輩にはなりたくないですよね?

メリットその④:苦手だった人工呼吸器管理ができるようになった

資格取得前から呼吸器病棟で勤務してましたが、すごく呼吸器の管理が苦手でした。

ニューポートをつけている患者さんやNPPVをつけている患者さんがいると、「うわ、今日受け持ち私なの・・・」と思ったり、心の中ではできるだけ受け持ちになりたくないなと思っていました。

呼吸器のモードや波形の読み取りなどが特に苦手でした。

しかし資格取得後はむしろ得意になり、試験勉強で得た知識を臨床でも活かしたいのでどんどん呼吸器装着患者さんの受け持ちをしてみたいとまで今は思います。

メリットその⑤:スタッフから頼りにされる存在になった

資格取得をした後、一番変わったと思うのは周りのスタッフから頼りにされるようになったなと感じることです。

「Rieさんは呼吸療法認定士」というイメージがスタッフの中にあるので、呼吸器のことや疾患のことなどを質問を受けることや相談されることが多くなりました。

後輩はもちろん先輩からも相談や頼りにされていると感じることも多々あります。

病棟の中で頼りにされているのは、単純に嬉しいです。

資格取得してよかったなと感じます。

資格取得しても変わらなかったこと

資格取得後も変わらないのは、ズバリ「給料」です(笑)

取得後は、給料アップ!であればもっとモチベーションになるかと思いますが、残念ながら私の働いている急性期病院では給料は変わりません。(職場によってはアップしてくれるところもあるかもしれませんが・・・)

しかし、私は呼吸療法認定士の資格取得後は上記のようなメリットがあったため、お金以上の価値があったなと思っています。

最後に・・・

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が、呼吸療法認定士を目指しているがモチベーションが続かない・勉強が捗らないという方のお役に立てる記事になれば幸いです。

大変な仕事をこなしながら、試験勉強もしていくことはかなり大変で体力のいることだと思います。しかし、必ず取得後は頑張ってよかったなと思う日が来ると思うので、1日1日を大切にし、頑張ってくださいね!応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました